TOP>Exhibition
工藤洋子 VS 藤下覚 展
−新たなる挑戦−
KUDO Yoko / FUJISHITA Satoru EXHIBITION
 
2018年10月22日(月)〜10月27日(土)
12:00〜19:00(最終日17:00 まで)
 

作家紹介

◆工藤洋子 KUDO Yoko
1983年 東京都生まれ
2006年 「アジアの時代」展(中和ギャラリー)
2008年 個展(中和ギャラリー)
2009年 個展(中和ギャラリー)
2012年 個展(セッションハウス/神楽坂)〜2016
その他、グループ展、個展、アートフェア等
海外も含め多数発表あり

 

<作家コメント>
たった一枚の絵を描くのだから、
自分が好きだと思う絵を描きたい。
その絵を再び目にすることがあっても、
そうでなくても。



◆藤下覚 FUJISHITA Satoru
1970年 埼玉県生まれ
2010年 独立美術協会展 新人賞(国立新美術館)
2011年 上野の森美術館大賞展 優秀賞(上野の森美術館)
2012年 未来抽象芸術展(全労災ホール・スペースゼロ)
2015年 個展(櫟画廊/銀座)
2016年 個展(ギャラリー檜/京橋)
2016年 「美の精鋭たち2016」展(横浜市民ギャラリー)
2017年 個展(K'sギャラリー/銀座)

 

<作家コメント>
「描かなければならない」覚悟は
当然のモチベーションですが、
「描きたい」という純粋な気持ちは
それ以上に大切な出発点だと思います。



【企画者コメント】
素材も技法も異なる作品を制作する二人。
熱き「戦い」と銘打つ本展覧会は、
違う音色を奏でての融合か、
はたまた離別となるのであろうか。
(浪川恵美)

概要

若くして目覚ましい実績を積み
活躍を続ける作家たち。

初の二人展とは思えないほどの
美しい波長の響き合いです。

プライドが凝縮された新作群と
緊張感みなぎる展示空間をご堪能ください。

工藤洋子 「作品9」ペーパー、グラファイト、胡粉、箔、膠

藤下覚「∞ えんえん '18」ミクストメディア

展示風景(工藤洋子)

展示風景(藤下覚)

会場風景